映画「追憶」公式サイト

スタッフ

PROFILE

1934年、長野県生まれ。
57年東京大学文学部仏文学科を卒業後、東映東京撮影所に入社。
66年に『非行少女ヨーコ』で監督デビュー。
以降、『新網走番外地』シリーズ、『冬の華』(78)、『駅 STATION』(81)、『居酒屋兆治』(83)、『あ・うん』(89)、『鉄道員(ぽっぽや)』(99)、『ホタル』(01)、『単騎、千里を走る。』(06)、『あなたへ』(12)、『少年H』(13)など数々の作品を手がけ、日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀脚本賞を始め、多くの賞を受賞するなど日本を代表する映画監督。

PROFILE

1939年、東京都生まれ。
1958年東宝に入社。撮影部に配属され、『隠し砦の三悪人』『用心棒』といった黒澤明の作品にキャメラマン助手として参加。1973年撮影監督デビュー。
代表作に『八甲田山』(77)、『復活の日』(80)、『駅 STATION』(81)、『火宅の人』(86)、『鉄道員(ぽっぽや)』(99)、『北のカナリアたち』(12)など。
監督作品としては『劔岳 点の記』(09)、『春を背負って』(14)がある。
監督・脚本・撮影を担当した『劔岳 点の記』では日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞。
過去、日本アカデミー賞優秀撮影賞を21回受賞、そのうち最優秀撮影賞5回受賞。

PROFILE

1961年、静岡県生まれ。
20歳の頃よりフリーの制作部として映画の現場に参加。
『DOORⅡ』(1990年)でプロデューサー、『とられてたまるか!』(1992年)シリーズで脚本家デビュー。
以降脚本家として『光の雨』(2001年)、『樹の海』(2005年)、『グラスホッパー』(2015年)など。
『あなたへ』(2012年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。

PROFILE

1966年、京都府生まれ。
『鉄道員(ぽっぽや)』(1999年)などの作品に助監督として参加したのち、
自らの脚本による『樹の海』(2005年)で監督デビュー。
以降、『犯人に告ぐ』(2007年)、『脳男』(2013年)、『グラスホッパー』(2015年)などを手掛ける。

PROFILE

1960年、東京生まれ。
東京藝術大学作曲科卒業。同大学院首席修了。
代表作にピアノ協奏曲「宿命」(ドラマ「砂の器」劇中テーマ曲)オペラ「万葉集」「滝の白糸」等。
ドラマ「ほんまもん」「風林火山」、映画『226』『愛を乞うひと』『黄泉がえり』他
数多くの映像音楽も担当。
日本アカデミー賞優秀音楽賞等受賞歴多数。東京藝術大学特任教授。